自宅で腹筋バキバキ!シットアップベンチの使い方とその効果について

わざわざジムに行かなくても、腹筋をバキバキに鍛えることが出来る器具であるシットアップベンチ。

その使い方と効果について紹介します。

mens-1017419__180

シットアップベンチの使い方

使い方は非常に簡単で、ベンチ台の角度を決めたら脚を引っ掛け横になり、身体を起こしたり寝かせたりを繰り返すだけです。

当然、ベンチが水平に近いほど負荷は軽くなり、垂直に近いほど負荷は重くなります。

動画で見たほうがより分かりやすいかなと思います。

息を吐きながら起きてきて、吸いながら寝ます。

降ろす時もなるべくコントロールして、ドスンと降りない。

完全に寝るちょっと手前で止めて、腹筋を休ませないようにしましょう。

反動を付けないで起き上がるのが基本ですが、もし動画のような腹筋が出来ないのであれば、多少反動を使っても良いのかなと個人的には思っています。

シットアップベンチの効果

角度によって負荷を変えることが出来る

シットアップベンチを使う最大のメリットはここにあるのかなと思います。

普通の腹筋だと、どうしても回数を増やすことで負荷を上げる事しか出来ませんが、シットアップベンチなら角度で負荷を調整できる。

身体の他の部位と同じく、腹筋も負荷を上げてトレーニングした方がより効果的。

水平な床でやるよりも広い可動域で腹筋に負荷を与えることが出来ますし、翌日の筋肉痛からもその効果の程は伺えます。

シットアップベンチの短所

自宅で効果的にトレーニングが出来るシットアップベンチ。

その短所は言わずもがな、場所を取ること(笑)

広い部屋ならいざ知らず、結構なスペースを奪ってしまう可能性も。

折りたたみが出来るタイプなら良いかも知れませんけど、それでもスペースが無いという方には、腹筋ローラーなどの他の器具のほうが良いかも知れませんね。



ALINCO(アルインコ) シットアップベンチデラックス FA130

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*