重さはどうしよう?ケトルベルを導入するときの注意点

ダンベルと違って、ジムに置いてあることも少ないケトルベル。

もし置いてあったとしても、使い方の分かるトレーナーとかいないでしょうし、ケトルベルトレーニングをしたいなら自宅用に購入するのが現実的ですよね。

そこで気になるのが、どの重さを選べば良いのかということ。

ケトルベル歴6年以上の僕が、ケトルベル選びのコツを紹介します。

様々なメーカーがいろいろな形状のケトルベルを出していますけど、重さを変えることが出来ないのは共通事項だと思って良いでしょう。

そのため、適切な重量選びは非常に大事。

equipment-1300059__180

最初に選ぶべき重量は?

一口にケトルベルトレーニングと言っても、どんな目的で、どのように使うのかによって重さは変わってきます。

僕はDVDと一緒に購入うして、サーキットトレーニングやジャンプ系トレーニングから入ったのですが、正直12kgだと重すぎて、速攻で8kgを注文しました。

スイングとかスナッチとかであれば12kgでも問題なく出来ますけど、8kgがあって損をすることはないと思います。

最初は軽い重さから慣らしていかないと手首とか肘とか、前腕とかしんどくなってくるので、個人的には8kgがおすすめです。

当然、重量が上がるほど価格も高くなるので、そう言った意味でも8kgは導入用としてベストですね。

なお、一般男性の場合4kgは軽すぎるので、特に必要は無いと思います。

ただ、色々なトレーニングが出来るケトルベルだけに、4kgがあったとしても無駄になることは無いとは思いますよ。

因みに僕は、4kg、8kg、12kgをそれぞれ2個ずつ所有しています。

IMG_1810

どうせ買うなら競技用のケトルベルを!

僕は複数の重さのケトルベルを所有していますが、重さによって形状が変わると今までと感覚が変わってしまうので、『競技用ケトルベル』を選ぶのがおすすめ。

重さが違うだけで、形状は全く同じケトルベルがAmazonで買えるので、良い時代になったなと思います(笑)

僕がケトルベルを買った当時は競技用は販売されていませんでしたからね。。

KETTLEBELLKON (ケトルベル魂)プログレード・ケトルベル(競技用スティール製・ケトルベル) (16 キログラム)

なお、ケトルベル競技というのは、規定の重さで、規定の種目を(クリーン&プレスやスナッチなど)、規定時間内に何回出来るか競う競技。

日本ではまだまだ一般的ではありませんけど、欧米ではかなり盛んなようで、意外と女性の競技者も多いとのことです。

ケトルベルのセミナーに参加したり、一度だけパーソナルトレーニングも受けたことがありますけど、本業のバスケの方が忙しいから、本格的に競技には取り組めていませんね。

この記事をきっかけに、ケトルベル競技にも取り組んでみようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*