クランチで腹筋を鍛える

2013012018340000
腹筋を鍛えるための種目として、まずおすすめするのは
『クランチ』です。

床に仰向けになり、膝を90度に曲げます。この状態から、ゆっくりとおへそを覗きこむようにして上体を持ち上げていきます。肩甲骨が浮くくらいまで上体が上がったら、そこからゆっくりと下ろしていきます。頭が床に着く直前で切り返し、再度上体をゆっくりと上げていきます。腕の反動を使いたくないので、手は頭の後ろで組むか、胸の前で組むようにしましょう。

分かりやすい動画を見つけました♪

このクランチ、動きは小さいですが、実際にやってみるとかなり効きます。ゆっくりとやるのがポイントで、反動をつけて起き上がるよりも、安全にトレーニング出来ます。ターゲットの筋肉は腹筋の中でも腹直筋と言われる筋肉の上部。お腹の割れた格好良いカラダを目指すのなら是非とも鍛えたい部位ですよね。

最初は10回くらいでもかなりしんどく思えるかもしれませんが、徐々に回数を増やしていけば良いので、焦らずに継続することが大事です。腹筋は回復が早いので、毎日やっても大丈夫です。慣れてきたら、脚を膝が90度になるくらいの台の上に置いてやってみても良いでしょうし、手頃な重りがあれば、おでこなどに載せても良いでしょう。

工夫しながら、楽しく腹筋を鍛えましょう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*