プランクでお腹全体を鍛える

お腹全体を鍛えるメニューとして、『プランク』を紹介します。

PAK86_jipanonaka15145629_TP_V1

体幹トレーニングとして有名なプランク、お腹だけでなく肩や胸、桃の前側など、体の前面を中心に全身をバランスよく鍛えることが出来ます。どこでも、場所を取らずに行えるのも魅力的。

床にうつ伏せになり、つま先と肘で上体を持ち上げ、その状態でキープするのがプランクです。ポイントは体を一直線に保つこと。腹筋が弱いと、お尻が上がってしまったり、背中が丸まってしまったりすることが多いのですが、効果が得られないだけでなく最悪腰などを痛める原因にもなりかねません。

頭から足の裏までを一本の棒で貫かれれたようなイメージで、真っ直ぐに保ちましょう。膝は真っ直ぐ、顔も上げたり下げたりせずに、普段立っている時と同じように真っ直ぐにします。肘もなるべく真っ直ぐにして、斜めにならないようにしたほうが効果が上がります。

この状態を保つわけですが、フォームが乱れてきたら中止してしまったほうが良いでしょう。最初は短い時間でも全く問題ありません。続けているうちに、徐々に全身の筋肉、バランスを取る能力が上がってきて、どんどん時間が伸ばせるはずです

1分間やれば結構なトレーニングになりますので、テレビのCMの間などのスキマ時間にでも行なってみては如何でしょうか??

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*