効果的にベンチプレスをトレーニングするためのギアについて

ベンチプレスのトレーニングをより効果的に行うためには、トレーニングギアの利用をおすすめします。今回紹介するギアは『ノーギア』の大会で使うことを想定したもので、普段のトレーニングから使うことで、手首への負担を減らしたり、よりMAXに近い力が出せるようになったりといった効果があり、ベンチプレスが強い人で何もギアを使っていない人は見たことがありません。

power-sports-1015688__180

リストラップ

手首の保護、力の伝達をロス無く行うために効果的なのがリストラップ。硬さなどの好みが分かれるところです。長さですけど、150kgとか扱うならともかく、そこまで強くなければ短いタイプでも問題なし。長いと巻くのが面倒ですからね。

僕が使っているのはインザーの30cm。

手首を完璧にサポートSchiek シーク リストラップ 12インチ ブラック フリーウェイトトレーニン…

楽天市場が品揃えが豊富でした。タイタンはちょっと硬め。ゴールドジムのは微妙なので、タイタンかインザーが良いと思います。

楽天でリストラップを見る

トレーニングベルト

ブリッジを組むことを考えると、こちらのナロータイプのベルトがベストです。間違えて太いの買わないように気をつけてくださいね。

レベーアクションベルト

Amazonや楽天では売っていなかったのでヤフオクから紹介しました。売り切れの場合はこちらをご参照ください。
http://bukiya.net/shopdetail/007001000003/order/(ヤフオクのほうが安いです。)

三種目をやる人はベルトを使い分ける人もチラホラ。腹圧をかけて全身の力を出しやすくするためにも、パワーベルトは必須ですね。

シューズ

かかとを地面に付けなければいけないという公式ルールの特性上、ベンチプレスの時にはかかとが高いシューズの方が、ブリッジが組み易くで有利だと言えると思います。

スクワットにも使える、ウェイトリフティングシューズがベンチプレッサーに人気がありますね。


アシックスウエイトリフティング

ただ、人によっては地面にかかとをしっかり付けたほうが力が出るという人もいるので(142.5kg上げる日本一のパワーリフター様)このようなたびぐつを試してみても良いかも知れませんね。


たびぐつ 紺:27cm C#912

何と言っても安いですからね。実際使いやすいですし、中敷きを抜いてデッドリフト用で愛用しているパワーリフターも多いとか。色やサイズをお探しの方はコチラです。

たびぐつ一覧

補足:この5本指シューズが公式大会でも使えるようになったら良いのに。。めっちゃやりやすいですよ!!(楽天市場へ)

まとめ

ベンチプレスを強くするためのトレーニングギアはこんな感じですかね。人によっては滑り止めの炭酸マグネシウムを指に塗り込んだりするみたいですけどね。

因みにフルギア用のベンチシャツを着ると、人によっては50kg以上も上がるらしいんですけど、関節の痛みやミミズ腫れが尋常ではないようなので、僕は一生フルギアはやらないと思います(笑)

ただ、このつりパンってやつはノーギアでも使えますし、スクワットとかは伸びるみたいなのでそのうち買うかもです。高いですけど(汗)


INZER つりぱん ロゴ有り

以上、あなたのベンチプレスが強くなるために役に立てたなら幸いです!!

ベンチプレスを強くするためのサプリメントもまとめてみたので、合わせてご覧ください。ベンチプレスを強くするためのサプリメント一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のトラックバック

コメントを残す





*