ベンチプレスを効果的に伸ばすためのサプリメント一覧

ベンチプレスを効果的に伸ばすためのサプリメントをまとめてみました。僕の勤めているゴールドジムでは、ベンチプレス大会に出るような人、パワーリフティングの全国1位、全国常連の人、100kgを軽々上げる人など様々な怪物がいますが、その化け物たちが好んで飲んでいるサプリメントを紹介しますので、お役に立てれば幸いです。

155_1

プロテイン

まずは何はなくともプロテイン。疲労の回復、筋肉の合成の促進。トレーニング直後の30分以内に取らない人はまず見かけません。

体重を気にしない人はフィットネスショップの大容量型プロテインをガンガン飲んじゃって下さい。1日3回以上、5回とか飲んでも良いくらいですね。


圧倒的なコストパフォーマンス!フィットネスショップオリジナル ホエイプロテイン 3kg

体重を増やしたくない、ベンチプレス大会に出てるような人とかはゴールドジムの高品質CFMプロテインがおすすめ。1日1~2回程度の摂取なら体重がさほど増えることは無いと思います。

【ゴールドジム】ホエイプロテイン ダブルチョコレート風味  2kg 【アイドラッグストアー】

因みに痩せマッチョを目指しているような人は、ガンガン体重を増やしてから絞ったほうが効率が良いので、プロテインを飲みまくることをおすすめしています。

BCAA

トレーニング中に摂ることで筋肉の分解を抑えて筋肉の再合成を促進する、要は筋肉が付きやすくなるという働きがあるBCAAは、プロテインの次に重要度が高いサプリメントです。

BCAAのサプリメントは沢山ありますけど、疲労回復系のグルタミンも摂取できる上、味もコストパフォーマンスも、水への溶けやすさも抜群な『XTEND』がベストですね。

Scivation XTEND (Grape1,170g) - エクステンド (グレープ – 1,170g)

XTENDの詳細はコチラの記事でも書いています。

クレアチン

筋肉の量を増やし、瞬発力を高めるクレアチン、第一世代の『クレアチンモノハイドレード』は水に溶けにくく、人によっては胃腸に不快感を与えたり、肝臓に負荷がかかったりするのであまりおすすめしません。。(僕もモノハイドレード飲むと調子悪くなりやすいです。。)

ただし第三世代のクレアルカリンならば、吸収もスムーズで効果も実感しやすいので、利用してみることをおすすめします。ただしコストがかなりかさみますので、大会前の1ヶ月とか2週間とかに限定して使ったほうが良いかも知れませんね。

Kentai クレアチンALK パイン 210g

関節系サプリメント

肘や肩を痛めることが多いのがベンチプレッサーの宿命。かと言って休んでいては記録は停滞するばかりですので、大なり小なりの痛みを抱えながらもトレーニングをしているというのが強いベンチプレッサーの定義であり、実際痛めていない人の方が少ないくらいです。

怪我のダメージを軽くするためにも、トレーニングを休まず行うためにも、高負荷でトレーニングする人には関節系サプリメントは必須に近いものがあります。

こちらが一番評判良いですね。ちょっと臭いはキツイかも知れないですけど。。



ゴールドジム アルティメットフレキシジョイント

回復系

最後に回復系のサプリメントを二種類紹介します。回復系のグルタミンは『XTEND』で摂取できるのですが、更にこれらをプラスすることでトレーニング頻度を上げ、効果的にトレーニング出来るようになるはず。

朝、もしくは夜寝る前に飲むと絶大な効果があるイミダペプチド。知り合いの怪物は、試合前には寝る前に2本飲んでいたとか。これも値段が高いので、試合前2週間とかに限定した方が良いかも知れません。

摂取してから5日くらいで効果が実感できますよ。



イミダペプチド!2680円♪

イミダペプチドの詳細はコチラの記事でも書いています。

そしてアルティメットリカバリー。名前の通り、回復効果は絶大ですね。夜寝る前に5~10粒、身体の大きい人や高負荷でトレーニングする人は10粒でも足りないかも。。

ゴールドジム アルティメットリカバリー

まとめ

以上、色々と書いてみましたけど、サプリは自分にあったものを使うのがベスト。ただし、急激に強くなる人や大会に出るような強いひとはほぼ例外なく『これでもかっ!!』っていうくらいサプリを飲んでいますので、気が向いたものから試してみては如何でしょうか??

このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のトラックバック

コメントを残す





*