筋トレの頻度をあげるには部位で分けるべし

筋トレの頻度をあげるためには、部位ごとに分割して行うのが効果的です。

weight-lifting-1161875__180

例えば胸、背中、脚、肩、腕といった感じに、1日当たり1部位になるようにして、翌日は違う部位を行えば、超回復の時間も確保しながら筋トレ頻度を増やせます。

筋トレの強度によりますけど、特に脚や背中は回復に時間がかかるので、中3日くらいは開けたほうが良いと思います。ただ、筋トレに慣れるまでは1日おきとかでやっても問題無いでしょうし、筋トレに割ける時間次第ですね、分割の仕方は。

ボディビルダーはほぼ例外なく分割してトレーニングをしていますが、パワーリフターも分割する人が多いです。リフターの場合はベンチプレスの日、スクワットの日、デッドリフトの日っていう感じですけど、ベンチを週に2回、スクワットとデッドリフトは週に1回ずつ、余裕があれば肩や腕もやるっていう人が多いように思えます。

ただ、パワーリフターでも1日で三種目やってしまう強靭なメンタルと体力の人もいますし、分割のさせ方は人それぞれ違いますね。一般的にはプレスの動作には上腕三頭筋(腕の裏側の筋肉)が連動しますので、胸の日には三頭を一緒にやることが多いです。

またロウイングの動きには力こぶの上腕二頭筋が連動しますので、背中と二頭はセットでやるひとが多いと思います。ただ、肩の筋肉を三分割したりとか、脚も前と後ろで分けたりとか、トップビルダーでも千差万別。

管理人の場合

僕は色々試しながらやっているのですが、だいたいこんな感じです。ジムが休みの日があったりしてずれ込むこともありますけど。。

月曜:クリーン+デッドリフト/ベンチプレス(2回に分けてやります)
火曜:肩の前、ベンチプレス
水曜:クリーン+スクワット/腕(2回に分けてやります)
木曜:ベンチプレス
金曜:スクワット/ベンチプレス(2回に分けてやります)

今はこんな感じですかね~。ロウイング系はお休み中で、木曜ベンチしない時は土曜に来たり、日曜に来て順次ずらしたりしています。ただ、下半身はなるべく固定できるようにしていますね。

筋トレは回復も大事ですけど、やればやるほど強くなるというのも一つの事実ですので、ご自身のライフスタイルと相談して、頻度をあげて筋トレしてもらえれば嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*