クレアチンはDNSが安いのが欲しい人にはおすすめ

クレアチンモノハイドレードを摂取するなら、DNSのクレアチンが安くておすすめです。



DNS クレアチン

ただ、僕はクレアチンモノハイドレードはあまり体に合わないのか、胃腸の調子が悪くなるので、こちらのクレアルカリンをたまに飲んでいます。



Kentai クレアチンALK パイン 210g

こちらのほうが吸収がよく、すぐに効果が出るというメリットがあるのですが、いかんせん値段が高いんですよね。なので、試合前とか試験前だけ、こちらのクレアルカリンを飲んでいるっていう感じです。

DNSのクレアチンの飲み方

一時期DNSのクレアチンも飲んでいたのですが、そのまま飲むと腎臓に負担がかかるときき、お湯で溶かして飲んでいました。熱湯を沸かして、コップに半分くらい注いで全力で溶かす。

その後、冷蔵庫で冷やしてあるスポーツドリンクで薄めて、一気に流しこむ。コップをあらかじめ温めておくのがポイントで、二回お湯を入れていました。

ただこの方法は面倒くさいですし、スポーツドリンクのストックが無くなってしまうこともしばしば。薄いスポーツドリンク&クレアチンは美味しくないですし、飲むのがかなりストレスでした。

しかも水分を多く取るのでトイレが近くなったり、僕の場合はこれでも胃腸へのストレスが大きかったようで、何か調子が悪かった記憶があります。

クレアルカリンはストレス無く美味しく飲めますし、カラダの調子も良いので、もうモノハイドレードには戻れないと思います。。

クレアチンの詳細

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*