五大栄養素の役割とバランス

a0006_002349

五大栄養素とは

・炭水化物
・タンパク質
・脂質
・ビタミン
・ミネラル

の5種類の栄養素のことを言います。

筋肉を付けるためにも、痩せるためにも、それぞれの栄養素の役割やどんな食品に含まてているのかといった知識、摂取バランスなどを知ることは非常に重要です。一つずつ詳しく紹介していきます。

炭水化物

エネルギーの元となる栄養素です。脳や筋肉、内臓のエネルギーの元ですので、不足してしまうと疲れやすくなったり身体がだるくなったりします。お米やパン、イモ類、うどんや蕎麦などの麺類に多く含まれています。エネルギーの元ということで、一日の始まりである朝に多く取るのが良いと言われています。昼、夜にかけて摂取する量を減らしていくと良いでしょう。

タンパク質

筋肉の元となる栄養素です。筋肉を付けるためにはもっとも重要な栄養素と言えるでしょう。肉や魚、卵や牛乳、豆腐や納豆、プロテインなどに多く含まれています。筋肉は夜寝ている間に特に作られますので、夜は多めに取ることが望ましいです。朝、昼は同量になる位の感覚で摂れば良いでしょう。

脂質

エネルギーの元になる栄養素です。脂と言うと悪いイメージを持っているかも知れませんが、身体のエネルギー源として欠かせない栄養素なのです。肉や魚などに含まれており、タンパク質を多く摂ろうと思うと脂質も増えてしまいます。そのような時には、プロテインを利用したり、鳥のささ身などの高タンパク低脂肪の食品を摂ると良いでしょう。

ビタミン、ミネラル

ビタミン、ミネラルには多用な働きがあり、どんな食品に含まれているかも一概には言えないので、一括りにしました。生命活動を円滑に行う上で欠かせない物質だと思って頂ければ良いです。野菜や果物に含まていているものが多いのですが、ほとんどの現代人はビタミン、ミネラルともに不足していますので、意識して野菜は多めに撮るようにして下さい。果物には果糖という糖分が含まれていますので、摂り過ぎには注意が必要です。

以上、それぞれの栄養素について簡単に説明しましたが、
出来ることから少しづつでも実行するのが一番重要だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*