ジムのトレーナーという立場から、自宅でトレーニングするよりもジムでのトレーニングをおすすめしているのですけど、ジムに通う時間がない人、近くにジムがない人もいると思いますので、自宅で、器具なしで出来るような筋トレメニューを紹介します。
burpee-1203903__180
誰でも思いつく腕立て伏せとスクワットですが、上半身と下半身をバランスよく行うために、可能であればこれらを1日おきに行うと良いでしょう。

腕立て伏せは反動を使わず、ゆっくりと下りゆっくりと上がるようにすれば、かなり負荷を上げることが出来ます。また、手の幅によっても対象とする筋肉を変えることが出来、手幅が狭いと腕の裏側の上腕三頭筋に、手幅が広いと胸の筋肉の大胸筋に効いてくる割合が多くなります。

スクワットに関しても、脚の幅を変えることで、刺激を変えることが出来ます。ただし、こちらは柔軟性も重要になってくるので、まずは太ももが床と平行になるくらいまでしゃがめるように、自分がやりやすい歩幅でやると良いでしょう。

足首、股関節が柔らかくなってきたら、狭い足幅でももの前側の大腿四頭筋を狙ったり、足幅を広くしてお尻の筋肉大殿筋を使うようにしたりすると良いでしょう。

当然、どこを鍛えるんだという意識も大事ですので、使っている筋肉を意識しながら、集中してトレーニングすれば、自宅で器具なしでもある程度の結果、ダイエット効果は得られると思います。

コチラの記事で、自宅で出来る筋トレマニュアルを紹介しています。

ジムに通う時間がない。
お金が勿体無い。

そんな人は自宅トレーニングがおすすめです。

exercise-1244925__180

ジムのトレーナーという立場から言わせてもらうと、ジムにトレーニングしに来た方が効果が出ると言わざるを得ません。実際、筋肉に与える負荷を徐々に増やして行かないと、筋トレに伸び悩みが生まれてしまうので、極力ジムでトレーニングをするべきだと思っています。
ただ、立地上の関係だったり、時間、お金の問題で全ての人がジムに通えるわけでは無いので、ここでは自宅でトレーニングをする
利点を述べてみようと思います。

費用がかからない(安い)

自重だけでトレーニングすれば費用は0円ですし、ダンベルやケトルベルなどの用具を購入したとしても、ジムに通うのに比べたら非常に安価です。当然、交通費もかかりませんし、ジムの多種多様なサプリメントに目を奪われることも無いでしょうし、外出に伴う余計な買い物も抑えられます。

移動の手間がかからず継続しやすい

「今日は天気が悪いから止めておこうか」
「仕事が遅くなったから…」

ジムに通っていると、必ずこうしたトレーニングをしないための言い訳が生まれてしまいます。自宅トレーニングなら天気も関係ありませんし、仕事で遅くなったとしても短時間なら出来ないはずはありません。ただし、継続しやすいかは個人によります。ジムに通って身銭を切ったほうが継続できる人も多いでしょうし、自宅だからといって継続できるとは限らないので注意が必要です。

工夫してトレーニング出来る

ジムに通っていれば、ただ重さを上げていけばそれだけでトレーニング効果は上がりますが、自宅トレーニングの場合は効果が頭打ちになってしまいますので、トレーニング方法を考え、工夫するようになるはずです。脳のトレーニングにもなりますし、トレーニングの勉強をすることにも繋がり、知識も増えていくでしょう。

家族とトレーニング

運動は健康のためには非常に大切です。大切な家族と一緒にトレーニングして、みんなが健康になれたら素晴らしいですよね??

以上、自宅トレーニングの利点を書いてみましたが、自宅でもやり方次第では高い効果を得ることが出来ます。
まずは一歩目を踏み出してみては如何でしょうか??