なかなか細くならない、気になる二の腕。

二の腕が痩せない、振り袖を何とかしたいと思ってトレーニングしているのに結果が出ないのなら、もしかしたら取り組み方が間違っているかも知れません。

gravure_203_mika

二の腕だけを鍛えていれば二の腕は痩せるか?

部分痩せをしたいと思っている人に多い勘違いが、『痩せたい部位さえ鍛えておけば大丈夫』というもの。

二の腕だけでなく、お腹を細くしたかったら腹筋だけやるとか、誰に聞いたのか分かりませんけど、そう言った方法でトレーニングしている方は結構目にします。

結論から言うと、それではなかなか狙っている部位の脂肪を落とすことは出来ません。

脂肪というのは、鍛えた場所だけ減るという単純なものではなく、部位によって減りやすいとか増えやすいっていう違いはあるけど、筋トレをして筋肉を付けて、基礎代謝を上げるっていうのがリバウンドしないダイエットの鉄則。

そのため、全身の筋肉をバランスよく鍛えるのが効果的。

背中や脚、胸のような大きな部位の筋肉を鍛えることにプラスして、特に絞りたい場所のトレーニングを行うようにしましょう。

スクワットや斜め懸垂、腕立て伏せなどを行い、二の腕であればペットボトルを使った肘の曲げ伸ばしや、ひねる動きを加える。

もしもジムに行っているのであれば、二の腕だけを鍛えられるようなマシーンもあるとは思いますが、それは後回しにして、全身の筋肉を鍛えるトレーニングを優先すべきです。

そして、筋力トレーニングと並行して、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動にも取り組む。

結局はそれが一番の近道であり、安易に部分痩せを目指すよりも、太りにくく痩せやすい身体になれた方が良いですもんね?

そこまで筋肉を付けたくないって人もたまにいるんですけど、そんな簡単に筋肉は付かないし、もし気になるようだったらトレーニングを辞めればすぐに筋肉は減るので大丈夫です。

っていうか、筋肉を付けたくないっていう考え方が全く分からないんですけどね(笑)

ダイエットのためには、ジョギングなどの有酸素運動と筋トレを組み合わせたようなメニューが効果的です。

run-1342619__180

筋トレをすることにより、脂肪が分解されて燃焼しやすい状態になります。そこでジョギングなどの有酸素運動を行うことで、より効率よく脂肪を燃やすことが出来るのです。

この順番が重要で、先にジョギングをしてしまうと、成長ホルモンが出にくくなり、筋トレの効果が薄くなってしまいます。なので、必ず筋トレを先に行うようにしましょう。

具体的には、筋トレにかけられる時間は人それぞれだと思いますが、最低でも週に1回は筋トレしないとダイエットは難しいでしょう。週に1回、全身を鍛えるようなメニューを行い、その後20分以上の有酸素運動を行う。

食事量が一定なら、運動すれば体重は落ちるので、長い視野を持って取り組むことが大事です。1周間とかで無理矢理痩せても、必ずリバウンドしますし、体に負担がかかるだけなので、筋トレで筋肉を増やしながら、自然に体重を落としていくくらいがちょうど良いでしょう。

筋トレをすることで筋肉が増えて、身体の基礎代謝が上がります。その結果、何もしなくても消費されるカロリーの量が増えますので、運動できる日も、忙しくて難しい日でも、以前よりも脂肪が燃えてくれるのです。

これこそが筋トレの効果であり、まさにダイエットのためには最高の方法だと思います。

ウエストを補足したいのは夜の男女の共通の願望だと思いますけど、ダイエットするには筋トレがベストです。
257
無理な食事制限をして、日常生活に支障をきたす人も珍しくないようですけど、食事制限だけでダイエットしても、引き締まった体と言うよりは、痩せ細った身体、格好わるい身体になってしまう可能性があるので、筋トレと食事制限の併用がおすすめ。

食事制限と言っても、間食を減らしたりとか、あるいは間食をプロテインに置き換えたりとか、その程度でも効果は出るでしょうし、無理矢理食事量を減らしても、筋肉が付かないどころか筋肉が減ってしまう可能性がありますので、特にタンパク質の摂取は制限しないほうが良いでしょう。

炭水化物や脂質は制限したほうが結果が出るのは早くなりますけど、ご飯とか甘いモノを減らしすぎるとストレスになりますので、無理の無い範囲での制限に留めて下さい。

ダイエットは人生を充実させるための一つの方法に過ぎないですし、固執し過ぎて毎日がストレスだらけになっても、結局はまた太ってしまうと思いますので、ストレスのない範囲で、楽しみながらダイエットしてもらえればと思います。

筋トレでダイエットする際に有効なサプリメントにはどんなものがあるでしょうか。

gymnastics-652374__180

プロテイン

まずはプロテイン。一時的に多少は体重が増えるかも知れないですけど、筋トレをしている人は絶対的にタンパク質が足りていませんので、トレーニング後だけでも飲んだほうが良いでしょう。

食欲を抑制する効果もありますし、変なお菓子を食べるよりは数倍良いです。

おすすめのプロテイン

BCAA

続いてBCAAなどのアミノ酸。こちらは脂肪燃焼を促進する効果もあり、また筋トレの効果を高め、筋肉をつきやすくしてくれるサプリメント。国内製品のBCAAは値段が高かったり、味も悪かったりするので、僕のイチオシサプリメントの『XTEND』を飲むことをオススメします。

メッチャ美味してくて、ジュースみたいな感覚で飲めますよ。

『XTEND』の詳細

脂肪燃焼サプリメント

お次は脂肪燃焼系のサプリメント。運動前に飲むことでびっくりするくらい汗をかきますし、運動しない日でも朝に飲めばその日の代謝が上がりますので、運動不足解消にも。

ゴールドジムの『アルティメットファットバーン』が有名ですね。

燃焼系サプリメント詳細

ブロック系サプリメント

最後はカロリーブロック系のサプリメント。こういったサプリメントは、タンパク質はカットせずに、脂質と糖質をカットする効果がありますので、筋トレと併用してもなんら問題ありません。

食事の前に飲むことで、食事によって摂取されるカロリーを抑えることが出来ますので、食事制限が苦手な方にはピッタリのサプリメントになりますね。

ブロック系サプリメント詳細

酵素サプリメント

おまけで、大人気の酵素サプリメントも紹介しておきますね。代謝が良くなり、ダイエットにも効果的な酵素サプリメント、人によって相性がありますので、値段の安いものから試してみても良いでしょう。

酵素サプリメント詳細

まとめ

以上、色々な種類のサプリメントを紹介しましたが、まず基本は運動と食事。サプリメントは魔法の杖ではなく、あくまで補助でしか無いことを忘れずに、ダイエットという目標のために努力してくださいね。

痩せない人は絶対にいないので、諦めずに頑張りましょう。

筋トレとダイエットは全くの別物なのではないか、そう思っている人は多いようです。確かに筋トレは、筋肉を増やす効果があるので、体重が増加する可能性もあるでしょう。

しかし、筋トレとダイエットは相反するものではなく、それどころかダイエットのためには筋トレが最適。その理由を詳しく話していきますね。

gym-297059__180

まず、筋肉はエネルギーを消費する作用がありますので、筋肉が多い人は必然的に痩せやすい体質になるのです。筋肉量の多いボディビルダーなどの人達は、あまりにも消費エネルギーが多いので、その分食べないとどんどんやせ細っていってしまうんです。

また、筋トレには脂肪を燃焼しやすい状態に分解する作用もありますので、脂肪燃焼のためのランニングやウォーキング前に筋トレをするとより効果的。

当然筋肉が付けば引き締まった体になって見た目も良くなりますし、理想の体型を作るためには筋トレは最高の手段なのです。

筋トレをすると太ってしまうとかいう偏見がありますけど、筋トレ後は一時的に血流量が増えて、身体が太くなったように見えるだけですので心配無用。っていうかそんな簡単に筋肉ついたら苦労しませんって。筋肉が付き過ぎるのは嫌とか、自分はすぐ筋肉がついちゃうとか思って筋トレを避けている人も多いですけど、以下同文。

筋肉はそんなに簡単には増えないですし、そこそこのトレーニングでムキムキなんて絶対になれないので、ダイエットのための手段と割りきって筋トレに励んでみては如何でしょうか。