ウエストを補足したいのは夜の男女の共通の願望だと思いますけど、ダイエットするには筋トレがベストです。
257
無理な食事制限をして、日常生活に支障をきたす人も珍しくないようですけど、食事制限だけでダイエットしても、引き締まった体と言うよりは、痩せ細った身体、格好わるい身体になってしまう可能性があるので、筋トレと食事制限の併用がおすすめ。

食事制限と言っても、間食を減らしたりとか、あるいは間食をプロテインに置き換えたりとか、その程度でも効果は出るでしょうし、無理矢理食事量を減らしても、筋肉が付かないどころか筋肉が減ってしまう可能性がありますので、特にタンパク質の摂取は制限しないほうが良いでしょう。

炭水化物や脂質は制限したほうが結果が出るのは早くなりますけど、ご飯とか甘いモノを減らしすぎるとストレスになりますので、無理の無い範囲での制限に留めて下さい。

ダイエットは人生を充実させるための一つの方法に過ぎないですし、固執し過ぎて毎日がストレスだらけになっても、結局はまた太ってしまうと思いますので、ストレスのない範囲で、楽しみながらダイエットしてもらえればと思います。

筋トレでダイエットする際に有効なサプリメントにはどんなものがあるでしょうか。

gymnastics-652374__180

プロテイン

まずはプロテイン。一時的に多少は体重が増えるかも知れないですけど、筋トレをしている人は絶対的にタンパク質が足りていませんので、トレーニング後だけでも飲んだほうが良いでしょう。

食欲を抑制する効果もありますし、変なお菓子を食べるよりは数倍良いです。

おすすめのプロテイン

BCAA

続いてBCAAなどのアミノ酸。こちらは脂肪燃焼を促進する効果もあり、また筋トレの効果を高め、筋肉をつきやすくしてくれるサプリメント。国内製品のBCAAは値段が高かったり、味も悪かったりするので、僕のイチオシサプリメントの『XTEND』を飲むことをオススメします。

メッチャ美味してくて、ジュースみたいな感覚で飲めますよ。

『XTEND』の詳細

脂肪燃焼サプリメント

お次は脂肪燃焼系のサプリメント。運動前に飲むことでびっくりするくらい汗をかきますし、運動しない日でも朝に飲めばその日の代謝が上がりますので、運動不足解消にも。

ゴールドジムの『アルティメットファットバーン』が有名ですね。

燃焼系サプリメント詳細

ブロック系サプリメント

最後はカロリーブロック系のサプリメント。こういったサプリメントは、タンパク質はカットせずに、脂質と糖質をカットする効果がありますので、筋トレと併用してもなんら問題ありません。

食事の前に飲むことで、食事によって摂取されるカロリーを抑えることが出来ますので、食事制限が苦手な方にはピッタリのサプリメントになりますね。

ブロック系サプリメント詳細

酵素サプリメント

おまけで、大人気の酵素サプリメントも紹介しておきますね。代謝が良くなり、ダイエットにも効果的な酵素サプリメント、人によって相性がありますので、値段の安いものから試してみても良いでしょう。

酵素サプリメント詳細

まとめ

以上、色々な種類のサプリメントを紹介しましたが、まず基本は運動と食事。サプリメントは魔法の杖ではなく、あくまで補助でしか無いことを忘れずに、ダイエットという目標のために努力してくださいね。

痩せない人は絶対にいないので、諦めずに頑張りましょう。

筋トレとダイエットは全くの別物なのではないか、そう思っている人は多いようです。確かに筋トレは、筋肉を増やす効果があるので、体重が増加する可能性もあるでしょう。

しかし、筋トレとダイエットは相反するものではなく、それどころかダイエットのためには筋トレが最適。その理由を詳しく話していきますね。

gym-297059__180

まず、筋肉はエネルギーを消費する作用がありますので、筋肉が多い人は必然的に痩せやすい体質になるのです。筋肉量の多いボディビルダーなどの人達は、あまりにも消費エネルギーが多いので、その分食べないとどんどんやせ細っていってしまうんです。

また、筋トレには脂肪を燃焼しやすい状態に分解する作用もありますので、脂肪燃焼のためのランニングやウォーキング前に筋トレをするとより効果的。

当然筋肉が付けば引き締まった体になって見た目も良くなりますし、理想の体型を作るためには筋トレは最高の手段なのです。

筋トレをすると太ってしまうとかいう偏見がありますけど、筋トレ後は一時的に血流量が増えて、身体が太くなったように見えるだけですので心配無用。っていうかそんな簡単に筋肉ついたら苦労しませんって。筋肉が付き過ぎるのは嫌とか、自分はすぐ筋肉がついちゃうとか思って筋トレを避けている人も多いですけど、以下同文。

筋肉はそんなに簡単には増えないですし、そこそこのトレーニングでムキムキなんて絶対になれないので、ダイエットのための手段と割りきって筋トレに励んでみては如何でしょうか。

ダイエットのために重要な三つの要素をまとめてみました。

a0001_009103

食事制限

どれだけ体を動かして、消費カロリーを増やしたところで、摂取カロリーがそれ以上ならダイエットなんて夢のまた夢。運動で消費されるカロリーはあなたが思っている以上に少ないので、痩せたいならある程度の食事制限は必要です。

ただし、過度の食事制限は不要で、しっかりと運動と筋トレが出来ているなら、間食を減らすとか、お菓子を果物に置き換えるとか、その程度でも効果は出るでしょう。

ただ、運動の疲れ、ストレスから、今まで以上に食べるようになってしまう人が多いので、最低でも運動していない時と同じくらいの食事を心がけて下さい。

筋トレ

有酸素運動で消費されるカロリーは時間の割りには少ないですし、忙しいあなたには、毎日有酸素運動を行う時間の確保も難しいでしょう。

そんなあなたにおすすめのなのは筋トレ。週に2~3回、30分程度の筋トレでも、続ければ必ず成果は上がってきますし、筋肉を付けることで基礎代謝が上がり、運動できない日であっても、消費カロリーが多くなるのです。

更に、筋トレには脂肪を分解して燃えやすい状態にする効果もありますので、筋トレと有酸素運動を組み合わせるとなお効果的。先に筋トレをしてから、有酸素運動を行うのがポイントですが、時間の余裕が無い場合は、筋トレだけでもしっかりやりましょう。

ブログを書く

要するに自分への宣言ですね。ブログに食事の内容をアップしたり、ダイエット宣言をしたり。別にブログじゃなくても、ツイッターやフェイスブックでも良いのですけど、より多くの人の目に触れるという意味ではブログの方がおすすめ。

更に、身近な人や友人に、ダイエットを宣言することも効果がありますね。人間は見栄っ張りですので、自分の宣言を守るために努力するようになるのです。

つらい食事制限もしんどい筋トレも、アイツにバカにされると思ったら我慢できるんじゃ無いでしょうか??

以上、ダイエット成功のための三原則を書いてみましたけど、とにかくやるだけです。痩せない人間なんていないですし、一生懸命に努力すれば、必ず結果はついてきます。

ダイエットするなら筋トレと有酸素運動の組み合わせがベストで、筋トレの効果を高めるためにはプロテインは必須。これらの正しい順番を紹介していきます。

backup-485955__180

まず、筋トレ前に長時間の有酸素運動を行うと、乳酸が溜まりにくくなり、成長ホルモンが出にくくなります。要するに筋トレの効果が減少してしまうので、筋トレ前に長時間の有酸素運動は行わないで下さい。

やるにしても5分、せいぜい10分くらいですね。ウォーミングアップという意識で、ゆっくりと行うならアリだと思いますけど、アップは筋トレで十分かと思います。軽い重量でフォームを確認しながら、筋肉を温めてあげるように筋トレをすればそれで十分だと思うので、筋トレ前にストレッチをするにしても、軽い筋トレ⇒ストレッチ⇒メインの筋トレって感じで良いでしょう。

話がちょっと逸れましたけど、筋トレの直後の30分は『ゴールデンタイム』と呼ばれ、プロテインを飲むのに最適の時間。筋トレで結果を出したいなら、この時間にプロテインを飲まないはあり得ないくらいに思って下さい。

ただ、筋トレ後に有酸素運動を行う場合は、お腹がもたれてしまって気持ち悪くなる恐れもありますし、有酸素運動の後の方が良いという人もいるでしょう。

ただ、長時間有酸素運動をするとなると、ゴールデンタイムを逃してしまう。一体どの順番にすれば良いのか、迷ってしまう人はかなり多いようです。

はっきりとした答えはなく、有酸素運動の時間や個人の好みや体質にもよると思います。また、筋トレ中にBCAAというアミノ酸を摂取していれば、筋肉の分解を抑えることが出来ますので、ゴールデンタイムを逃すことによる弊害も多少は軽くなるでしょう。

これで終わりだとちょっと不親切なので、一つの解答例を出させていただきます。

①有酸素運動が30分以内で終わる場合:筋トレ終わったらすぐに有酸素運動を行い、直後にプロテインを摂取する
②有酸素運動が30分以上の場合:筋トレ後にプロテインを飲んでから有酸素運動を行う

このやり方がベストだと思いますが、プロテイン飲んだら動けないっていう人もいるでしょう。そんな人は有酸素運動を30分以内で切り上げて下さい。

一定のペースで行う有酸素運動だけでなく、速いペースの運動とゆっくりとしたペースの運動を交互に繰り返す、高強度の有酸素運動を行え短時間でも効率よく脂肪も燃やせますので、筋トレした日は高強度の有酸素運動、筋トレしない日は普通の有酸素運動でも良いと思いますよ。