炭水化物ダイエットが流行っているようですね。

IMG_1728

どのくらいの期間で、体重の何%を減らしたいかによって炭水化物の制限度合いは変わってくるでしょうけど、あまりおすすめはしないです。

まずは夜の炭水化物を減らす。

慣れてきたら夜は炭水化物を取らず、徐々に昼、朝と炭水化物の摂取量を減らしていく。

炭水化物を減らすことで、確かに体重は落ちるでしょう

それだけ脂質をエネルギー源として使いやすい状態になるので、理論上は痩せるはずですし、多くの方がダイエットに成功しているようです。

あくまで一時的には、ですが。

炭水化物を抜くということはエネルギーが枯渇した状態になるので、疲れやすくなる可能性が高いです。

夏場に炭水化物ダイエットをやったりすると、熱中症のリスクが高まりますし、急激に体重を減らすことはそもそもリスクが高い。

炭水化物ダイエットで減るのは脂肪だけではなく、筋肉も一緒であり、筋肉が減れば代謝は落ち、一時的には体重が減ってもリバウンドしてしまう可能性が高いのです。

また、こういった体重の減少はせいぜい1ヶ月くらいもたてば、ホメオスタシスという恒常性を保つ機能によりゆるやかになってしまいます。

結局、筋肉をつけて基礎代謝を上げることが一番のダイエット方法であり、その場しのぎのダイエットに走るべきではない、確実に少しずつでも痩せていくべきだと思います。