ナワトビによるダイエットが流行っているらしいですね。

sport-1013905__180

確かにふくらはぎの筋肉を鍛える効果があるナワトビ、上半身も意外と鍛えられるので、良い運動になります。

年齢にもよりますが、二重跳びや難しい跳び方で負荷を上げるというよりも、ジョギングのような感覚で、長時間跳び続ける方が効果的に思えます。

欠点は特定の筋肉しか鍛えられないことなので、個人的にはメインの運動にするにはちょっと物足りないとは思います。

筋力トレーニングを行った上で、有酸素運動として、補助として行う形が良いと思いますが、ジョギングと比べると狭いスペースでも出来るし、リズム感を鍛えられたりといった効果もあるから、取り入れてみるのもありかも知れませんね。

SIXPAD(シックスパッド)というトレーニング器具が大人気のようですね。

male-719559__180

私もジムで体験する機会があって試してみました。

左手だけ、レベル2くらいで使ってみたのですが、翌日には普段とちょっと違った筋肉痛があり、いつもトレーニングしている私でも効果を感じられたので、普段運動していない方であれば尚更なのではと思いました。

さて、この器具ですが、EMSという筋肉に電流をかけることで不可を与えるものになっています。

これまでにもEMSは色々な種類があったのですが、なぜここまで話題になっているかというと、広告の効果がかなり大きいように思えます。

あのクリスティアーノ・ロナウドですし、テレビCMも盛んに行っていますからね。

実際の効果はどうなのか、本当に筋肉が増えるなら、痩せられるなら買いたいと思っている人は多いでしょうけど、正直、使ってみないと分からないでしょうね。

効果が出る人もいれば、さほど効果を実感出来ない人もいるでしょうが、モニターは全員筋肥大していることから、再現性は高いように思えます。

シックスパッドをおすすめしない人

・使っただけですぐに効果が出て、簡単に痩せられると思っている人(どんなトレーニングも継続が大事です。)

・買ったことに満足して、結局あまり使わない人(お金がもったいないですよね。)

・使っていれば腹筋バキバキになると思っている人(脂肪の量にも依りますけど、有酸素運動しないとお腹は割れにくいです。)

シックスパッドをおすすめする人

・定期的にトレーニングする時間が確保できない、忙しい人
・移動が多く、トレーニングの場所の確保が難しい人
・継続して使用できる人
・細かい部分のトレーニングまで時間が割けないアスリート

 

シックスパッド考察

まず、一番のネックになるのは値段でしょう。

本体の価格はもちろん、パッドの耐久性や電池の消耗を考えると、ランニングコストもかかってきます。

パッドの使用回数の目安は30回となっておりますが、指に水をつけて拭いてあげると復活するとの口コミもあり、だとすればかなりランニングコストは下げれますね。

電池の方は50回前後で取り替えたほうが良いようです。

持ち運びが出来る、ジムに行かなくてもトレーニングが出来るというのは結構魅力的に思えます。

知り合いの長年トレーニングをしている方も購入されていて、やはりいつもジムに行けるわけではないので、あればかなり便利だと思います。

また、腹筋や腕は個人的には結構後回しにしてしまう部位なので、ジムでトレーニング出来なかった時はシックスパッドで鍛える、という形で利用すればかなり便利かなと。

負荷は15段階まで上げられるので、過負荷の原則を考えても良い感じではあります。

ただ、レベル15まで到達してしまった場合はそれ以上負荷が上げられないので、自宅であれば軽くトレーニングしてからSIXPADを使用するなど、伸び悩みを避けるには工夫の必要があると思いますね。

筋肉が増える→基礎代謝が上がる→体重が減る

というのは理論的に正しいので、ダイエット目的の方も試してみる価値はあると思いますけど、EMSの刺激だけでは伸び悩みの恐れがある点などを考えると、ジムや有酸素運動と組み合わせるのが良いのかなと思います。