なかなか細くならない、気になる二の腕。

二の腕が痩せない、振り袖を何とかしたいと思ってトレーニングしているのに結果が出ないのなら、もしかしたら取り組み方が間違っているかも知れません。

gravure_203_mika

二の腕だけを鍛えていれば二の腕は痩せるか?

部分痩せをしたいと思っている人に多い勘違いが、『痩せたい部位さえ鍛えておけば大丈夫』というもの。

二の腕だけでなく、お腹を細くしたかったら腹筋だけやるとか、誰に聞いたのか分かりませんけど、そう言った方法でトレーニングしている方は結構目にします。

結論から言うと、それではなかなか狙っている部位の脂肪を落とすことは出来ません。

脂肪というのは、鍛えた場所だけ減るという単純なものではなく、部位によって減りやすいとか増えやすいっていう違いはあるけど、筋トレをして筋肉を付けて、基礎代謝を上げるっていうのがリバウンドしないダイエットの鉄則。

そのため、全身の筋肉をバランスよく鍛えるのが効果的。

背中や脚、胸のような大きな部位の筋肉を鍛えることにプラスして、特に絞りたい場所のトレーニングを行うようにしましょう。

スクワットや斜め懸垂、腕立て伏せなどを行い、二の腕であればペットボトルを使った肘の曲げ伸ばしや、ひねる動きを加える。

もしもジムに行っているのであれば、二の腕だけを鍛えられるようなマシーンもあるとは思いますが、それは後回しにして、全身の筋肉を鍛えるトレーニングを優先すべきです。

そして、筋力トレーニングと並行して、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動にも取り組む。

結局はそれが一番の近道であり、安易に部分痩せを目指すよりも、太りにくく痩せやすい身体になれた方が良いですもんね?

そこまで筋肉を付けたくないって人もたまにいるんですけど、そんな簡単に筋肉は付かないし、もし気になるようだったらトレーニングを辞めればすぐに筋肉は減るので大丈夫です。

っていうか、筋肉を付けたくないっていう考え方が全く分からないんですけどね(笑)