すぐ痩せる筋トレ法法を考えてみました。特に夏が近くなると、短期間で痩せたいという人がたくさんあらわれると思いますけど、正直すぐに痩せるとか、急激に痩せるのはあまりおすすめしません。

2013012018350000

痩せようと思えば不可能では無いのですけど、胃腸などの内蔵に大きな負荷がかかってしまいますし、体力も落ちる可能性が高いので、海を楽しむどころでは無くなってしまうかもです。

やはり3ヶ月以上とか、ある程度の期間をかけて筋トレし、筋肉量を増やして基礎代謝を上げてしまうのが筋トレでダイエットするための王道的手法なので、じっくり頑張りましょうっていうのがトレーナーとしての模範解答だと思います。

ただ、模範解答だけじゃつまらないので、以上の一般的な回答を踏まえた上で、すぐ痩せる筋トレをお読み下さい。60日間、約2ヶ月で13.5kgもの減量に成功した、魔法のようなダイエット法法。

一般に筋トレの効果が出るのには3ヶ月以上かかると言われていますけど、このレポートの法法なら、2ヶ月で大幅なダイエットに成功し、痩せマッチョの格好良い体になることが出来るのです。

短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”

一番痩せる筋トレのメニューは何か考えてみました。筋トレで痩せるのは筋トレそのもので痩せるからというよりは基礎代謝が上がり、痩せやすい体になるから。

DB88_zap0115174419C_TP_V1

なので、基礎代謝が上がりやすいメニュー、要するに大きな筋肉を刺激するメニューがダイエット効果の高い筋トレだと言えると思います。大きな筋肉はそれだけ増えやすいですし、筋肉の量が増えれば基礎代謝が上がりますからね。

そう考えると、一番オススメなのはスクワットですかね。腿の前の筋肉大腿四頭筋、腿の裏の筋肉ハムストリングス、お尻の筋肉の大殿筋と下半身の主要な筋肉を鍛えることが出来ますし、バーベルを担いで行えばバランスを取るために体幹も鍛えられます。

足の幅やつま先の向きをを変えることで多様な刺激を加え、脚の様々な筋肉を鍛えることが出来るスクワット、伊達にキングオブトレーニングとか言われてないですね。

後はデッドリフトかな。デッドは知名度があんま無いですし、やる人も多くないのですけど、ハムストリングスと大殿筋にかなりの負荷がかかりますし、広背筋への刺激が特に大きいですね。重い重量を扱える種目なので、筋肉に対する刺激はその分大きくなります。

スクワット、デッドと来たらベンチプレスもやって、パワーリフティング三種目を是非やって欲しいですね。ビッグスリーなんて呼ばれているくらいですし、上半身、下半身の主要な筋肉はこの三種目をやればしっかり鍛えられます。

マシーンで二の腕とか腹筋とかやるよりも、大きな筋肉を刺激してあげたほうが良いので、是非フリーウェイトでの上記トレーニングに励んでみて下さい。