ダイエットのためには、ジョギングなどの有酸素運動と筋トレを組み合わせたようなメニューが効果的です。

run-1342619__180

筋トレをすることにより、脂肪が分解されて燃焼しやすい状態になります。そこでジョギングなどの有酸素運動を行うことで、より効率よく脂肪を燃やすことが出来るのです。

この順番が重要で、先にジョギングをしてしまうと、成長ホルモンが出にくくなり、筋トレの効果が薄くなってしまいます。なので、必ず筋トレを先に行うようにしましょう。

具体的には、筋トレにかけられる時間は人それぞれだと思いますが、最低でも週に1回は筋トレしないとダイエットは難しいでしょう。週に1回、全身を鍛えるようなメニューを行い、その後20分以上の有酸素運動を行う。

食事量が一定なら、運動すれば体重は落ちるので、長い視野を持って取り組むことが大事です。1周間とかで無理矢理痩せても、必ずリバウンドしますし、体に負担がかかるだけなので、筋トレで筋肉を増やしながら、自然に体重を落としていくくらいがちょうど良いでしょう。

筋トレをすることで筋肉が増えて、身体の基礎代謝が上がります。その結果、何もしなくても消費されるカロリーの量が増えますので、運動できる日も、忙しくて難しい日でも、以前よりも脂肪が燃えてくれるのです。

これこそが筋トレの効果であり、まさにダイエットのためには最高の方法だと思います。

ウエストを補足したいのは夜の男女の共通の願望だと思いますけど、ダイエットするには筋トレがベストです。
257
無理な食事制限をして、日常生活に支障をきたす人も珍しくないようですけど、食事制限だけでダイエットしても、引き締まった体と言うよりは、痩せ細った身体、格好わるい身体になってしまう可能性があるので、筋トレと食事制限の併用がおすすめ。

食事制限と言っても、間食を減らしたりとか、あるいは間食をプロテインに置き換えたりとか、その程度でも効果は出るでしょうし、無理矢理食事量を減らしても、筋肉が付かないどころか筋肉が減ってしまう可能性がありますので、特にタンパク質の摂取は制限しないほうが良いでしょう。

炭水化物や脂質は制限したほうが結果が出るのは早くなりますけど、ご飯とか甘いモノを減らしすぎるとストレスになりますので、無理の無い範囲での制限に留めて下さい。

ダイエットは人生を充実させるための一つの方法に過ぎないですし、固執し過ぎて毎日がストレスだらけになっても、結局はまた太ってしまうと思いますので、ストレスのない範囲で、楽しみながらダイエットしてもらえればと思います。

筋トレでダイエットする際に有効なサプリメントにはどんなものがあるでしょうか。

gymnastics-652374__180

プロテイン

まずはプロテイン。一時的に多少は体重が増えるかも知れないですけど、筋トレをしている人は絶対的にタンパク質が足りていませんので、トレーニング後だけでも飲んだほうが良いでしょう。

食欲を抑制する効果もありますし、変なお菓子を食べるよりは数倍良いです。

おすすめのプロテイン

BCAA

続いてBCAAなどのアミノ酸。こちらは脂肪燃焼を促進する効果もあり、また筋トレの効果を高め、筋肉をつきやすくしてくれるサプリメント。国内製品のBCAAは値段が高かったり、味も悪かったりするので、僕のイチオシサプリメントの『XTEND』を飲むことをオススメします。

メッチャ美味してくて、ジュースみたいな感覚で飲めますよ。

『XTEND』の詳細

脂肪燃焼サプリメント

お次は脂肪燃焼系のサプリメント。運動前に飲むことでびっくりするくらい汗をかきますし、運動しない日でも朝に飲めばその日の代謝が上がりますので、運動不足解消にも。

ゴールドジムの『アルティメットファットバーン』が有名ですね。

燃焼系サプリメント詳細

ブロック系サプリメント

最後はカロリーブロック系のサプリメント。こういったサプリメントは、タンパク質はカットせずに、脂質と糖質をカットする効果がありますので、筋トレと併用してもなんら問題ありません。

食事の前に飲むことで、食事によって摂取されるカロリーを抑えることが出来ますので、食事制限が苦手な方にはピッタリのサプリメントになりますね。

ブロック系サプリメント詳細

酵素サプリメント

おまけで、大人気の酵素サプリメントも紹介しておきますね。代謝が良くなり、ダイエットにも効果的な酵素サプリメント、人によって相性がありますので、値段の安いものから試してみても良いでしょう。

酵素サプリメント詳細

まとめ

以上、色々な種類のサプリメントを紹介しましたが、まず基本は運動と食事。サプリメントは魔法の杖ではなく、あくまで補助でしか無いことを忘れずに、ダイエットという目標のために努力してくださいね。

痩せない人は絶対にいないので、諦めずに頑張りましょう。

ダイエットするなら筋トレと有酸素運動の組み合わせがベストで、筋トレの効果を高めるためにはプロテインは必須。これらの正しい順番を紹介していきます。

backup-485955__180

まず、筋トレ前に長時間の有酸素運動を行うと、乳酸が溜まりにくくなり、成長ホルモンが出にくくなります。要するに筋トレの効果が減少してしまうので、筋トレ前に長時間の有酸素運動は行わないで下さい。

やるにしても5分、せいぜい10分くらいですね。ウォーミングアップという意識で、ゆっくりと行うならアリだと思いますけど、アップは筋トレで十分かと思います。軽い重量でフォームを確認しながら、筋肉を温めてあげるように筋トレをすればそれで十分だと思うので、筋トレ前にストレッチをするにしても、軽い筋トレ⇒ストレッチ⇒メインの筋トレって感じで良いでしょう。

話がちょっと逸れましたけど、筋トレの直後の30分は『ゴールデンタイム』と呼ばれ、プロテインを飲むのに最適の時間。筋トレで結果を出したいなら、この時間にプロテインを飲まないはあり得ないくらいに思って下さい。

ただ、筋トレ後に有酸素運動を行う場合は、お腹がもたれてしまって気持ち悪くなる恐れもありますし、有酸素運動の後の方が良いという人もいるでしょう。

ただ、長時間有酸素運動をするとなると、ゴールデンタイムを逃してしまう。一体どの順番にすれば良いのか、迷ってしまう人はかなり多いようです。

はっきりとした答えはなく、有酸素運動の時間や個人の好みや体質にもよると思います。また、筋トレ中にBCAAというアミノ酸を摂取していれば、筋肉の分解を抑えることが出来ますので、ゴールデンタイムを逃すことによる弊害も多少は軽くなるでしょう。

これで終わりだとちょっと不親切なので、一つの解答例を出させていただきます。

①有酸素運動が30分以内で終わる場合:筋トレ終わったらすぐに有酸素運動を行い、直後にプロテインを摂取する
②有酸素運動が30分以上の場合:筋トレ後にプロテインを飲んでから有酸素運動を行う

このやり方がベストだと思いますが、プロテイン飲んだら動けないっていう人もいるでしょう。そんな人は有酸素運動を30分以内で切り上げて下さい。

一定のペースで行う有酸素運動だけでなく、速いペースの運動とゆっくりとしたペースの運動を交互に繰り返す、高強度の有酸素運動を行え短時間でも効率よく脂肪も燃やせますので、筋トレした日は高強度の有酸素運動、筋トレしない日は普通の有酸素運動でも良いと思いますよ。

ダイエットをしたいという40代の女性は結構ジムによく来ます。

sport-1281608__180

海に行くから痩せたい、産後太りやすくなってしまい、子供が保育園に通い初めて時間の余裕が生まれたのでジムに来た。

そんな人には、筋トレと有酸素運動の組み合わせをおすすめします。筋トレと言っても、いきなり1時間も2時間もやったら、家事も育児も出来なくなってしまうので、まずは30分程度の筋トレと、30分程度の有酸素運動ですね。

まず筋トレで脂肪を燃えやすい形にして、有酸素運動でその脂肪を燃焼させます。筋トレは全身の筋肉を鍛えるようなメニュー、具体的にはチェストプレスやレッグプレス、ローイングマシーンなどをやってもらうことが多いですね。

大きい筋肉はそれだけ付きやすく、基礎代謝も上がりやすいからです。有酸素運動は多少ゆっくりでも長時間やった方が脂肪燃焼効果が高まりますので、最低でも20分はやってもらっていますね。

このような筋トレを、週に2,3回、1ヶ月程度行うと確実に成果は出ます。もちろんある程度の食事制限は必要ですけど、過度な食事制限はストレスになりますし、運動と言う慣れないことでストレスを受け、食事でもストレスを受けるとしんどいので、そこまで厳しい制限は必要ないと思います。

ただ、プロテインは飲んだほうが良いですね。現代人のほとんどはタンパク質が不足していますので、筋肉量を増やして痩せやすく太りにくい体になるためにも、また食欲を抑えるためにも、トレーニング後や間食でプロテインは飲むようにしましょう。

筋トレをしっかり行えば、40歳からでも、50歳からでも、いくらでも身体は変わります。60代、70台でも筋肉が増えている人もたくさんいるくらいですからね。